ほねほねゲリオン
2017年12月初旬発売!

PRODUCT 商品紹介

ほねほねゲリオン・第一弾改 2018年2月初旬発売予定!

オープンプライス
全8種類[4種類×2カラー]・プラスチックくみたてモデル
Package Illustration:
SHIRONAGASU WORKS

箱外寸:幅85mm×奥行き60mm×高さ135mm

Package Illustration:
SHIRONAGASU WORKS

箱外寸:幅85mm×奥行き60mm×高さ135mm

  • ダークカラーVer
  • 〔01〕ほねほねゲリオン初号機
  • 〔02〕サキほね+シンジ
  • 〔03〕ほねほねゲリオン零号機
  • 〔04〕シャムほね+レイ
  • エクストラカラーVer
  • 〔05〕ほねほねゲリオン初号機
  • 〔06〕サキほね+シンジ
  • 〔07〕ほねほねゲリオン零号機
  • 〔08〕シャムほね+レイ
各スペシャルパーツ付き

※通常流通商品とは仕様が異なります
箱外寸:幅247mm×奥行き172mm×高さ150mm

EVANGELION SOTREで数量限定販売の「コンプリートBOX」には「ほねバズーカ」が特典パーツとして付属!

ほねほねゲリオン・第一弾 好評発売中!

オープンプライス
全8種類[4種類×2カラー]・プラスチックくみたてモデル
Package Illustration:
SHIRONAGASU WORKS

箱外寸:幅85mm×奥行き60mm×高さ135mm

Package Illustration:
SHIRONAGASU WORKS

箱外寸:幅85mm×奥行き60mm×高さ135mm

  • ノーマルカラー(蓄光白)
  • 〔01〕ほねほねゲリオン初号機
  • 〔02〕サキほね+シンジ
  • 〔03〕ほねほねゲリオン零号機
  • 〔04〕シャムほね+レイ
  • アナザーカラー
  • 〔05〕ほねほねゲリオン初号機
  • 〔06〕サキほね+シンジ
  • 〔07〕ほねほねゲリオン零号機
  • 〔08〕シャムほね+レイ
各スペシャルパーツ付き

カバヤ食品の人気食玩シリーズ『ほねほねザウルス』の15周年を記念して、社会現象を巻き起こした人気アニメ『エヴァンゲリオン』とのコラボ計画が始動。シリーズと共通の5mmジョイントを採用しており、既存のパーツと組み合わせて遊ぶことも可能となっている。

第一弾ラインナップ

ほねトロン
スペシャルモデル ほねトロン・スナイパー・ライフル
  • 初号機

    ほねほねゲリオン初号機

  • サキほね

    サキほね

  • 零号機

    ほねほねゲリオン零号機

  • シャムほね

    シャムほね

  • ほねトロン

    シャムほね

ほねほねゲリオン初号機

『ほねほねゲリオン』第1弾シリーズの最初を飾るのは、作品のアイコンとも呼べる『初号機』。全高約110mmの大きさながらも、シャープでスタイリッシュなデザインはそのままに、『ほねほねゲリオン』として新生(REBIRTH)。デザインだけではなく、自由度の高いアクション性も充実。顎や首をはじめ、指以外のほとんどの関節は可動させることができるので、自在にポーズを取らせて遊ぶことができる。
 また、お馴染みの武器をモデルにした『ほねっとガン』と『ほねぐれっしぶナイフ』が付属する。こちらも共通のジョイントを使用しているので、手に持たせることはもちろんのこと、各パーツに付いているジョイント穴に取りつけることや、他の『ほねほねゲリオン』で使うこともできる。

[プロトタイプ#01はこちら]

  • 造形がプロトタイプ#01から実際の蓄光素材で成形されたテストショット#02にバージョンアップ! 頭部をはじめとした各パーツの造形がブラッシュアップされ、よりシャープで洗練されたフォルムに。

  • 『ほねっとガン』を構える初号機。オリジナルのデザインを再現しつつ、角状のアイアンサイトやピカティニーレールっぽい背びれ部分で『ほねほね』らしさをアピール。

  • 『ほねぐれっしぶナイフ』は刃とグリップの間にジョイント穴が開いているので様々な箇所に取りつけることができる。

  • 武器を、両手に持たせてアクションポーズを取らせてみた。これもアクションフィギュアの醍醐味。

  • クリアパーツを採用したほね²機関の輝きが、『ほねほねゲリオン』シリーズの大きなアクセントとなっている。

  • 各パーツには球体ジョイントやジョイント穴が多数用意されているので、パーツの組み換えにジオラマ作りにと活用して欲しい。

※画像は開発中のものです。実際の商品とは異なる場合がございます。


Product planning : TRISTAR
Design : SHIRONAGASU WORKS
Modeling : DESIGN STUDIO FUWATTO
Direction : Dr.Yosshi(KABAYA)

ページのトップへ戻る